LINEモバイルはデータ繰り越し可能!シェアも出来ちゃいます

 

LINEモバイルは、余ったデータ量を翌月に自動的に繰り返してくれます。

 

大手キャリアだと使いきれなかった分はそのまま翌月には消えてしまうので、いつも使いきれなかった損した気分になってるって方もいるのではないでしょうか??でも余った分を翌月に繰り越してくれるLINEモバイルなら損した気分にならないですよね!

 

 

例えば、LINEモバイルの3Gのプランに契約していて2Gしかデータ量を消費しなかったとしても、余った1Gを翌月のデータ量にプラスして使用することができるので翌月は3G(契約プランの量)+1G(先月からの繰り越し)で合計4G利用可能って事なんです。

 

データ残量はマイページから簡単に確認することができますよ!繰り越した量がどれだけなのかも確認することができます。

 

LINEモバイルで繰り越したデータ量の有効期限

 

LINEモバイルのデータ量を繰り越した際の有効期限は1ヶ月なので翌月末まで有効です。
例えば4月にデータ量が1G余った場合、その繰り越させれたデータ量の有効期限は5月末になり、それでも消化できなかった場合は余った分は消滅してしまいます。

 

翌月までに使いきれなかったら無駄じゃないか!と思われがちですが、LINEモバイルはデータ量を消費する際優先順位があるので無駄になりにくいシステムになっているんですよ。

 

LINEモバイルデータ繰り越しの優先順位は?

 

LINEモバイルのメリットとして使用しきれなかったデータ量の繰り越しをしてくれるという点があるのですが、損をしないようにデータ量を消費してくれるのもうれしいポイント!

  • 契約した基本データ量
  • 前月の繰り越し分のデータ量
  • プレゼントでもらったデータ量
  • 追加で購入したデータ量

LINEモバイルのデータ量はこの4つの種類に分類されいます。

 

前月の繰り越し分>プレゼント>基本データ容量>追加購入

 

LINEモバイルではこのような優先順位でデータ量を消費してくれるので繰り越されたデータの有効期限切れは起きにくくなっています。

 

今月はあまりデータ量を使わなかったなぁ」という月もあれば、「いつもより使いすぎてしまった!」という月もありますよね!そんな時にデータの繰り越しで余裕があるとやっぱり助かります。「パケ死」してしまうリスクも減りますね!
大手キャリアではデータ量の繰り越しはないので、LINEモバイルのデータ繰り越しは大きなメリットです。

 

LINEモバイルには思っているより簡単に乗り換えることができるのでこの機会にぜひチャレンジしてみてください!
今まで払っていた料金がぐっと減って大きな節約になりますよ!
詳しい乗り換えの方法はこちらに記載していますのでぜひチェックしてみてくださいね。

 

↓↓LINEモバイル公式サイト↓↓

https://mobile.line.me/